| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
銀彩の器の取扱い。
デパートや器屋さんなどで、見ていただく機会の多い銀彩の器の取扱い方を アップいたします。

*********************************************************************************


< 銀彩の器の取り扱いについて >


* この作品は 本銀を使っているため 時間が経つといぶし銀に変わってきますのでそれも合わせて楽しんでいただくか、

黒味が気になる場合は白い硬いお掃除用のメラミンスポンジにお水を含ませてこすってみてください。

↓ 硫化が進んで黒味が出た器を 右半分だけ磨いてみました

銀彩の器の取り扱い


* 中身は磁器土で、吸水性はありませんので使い始めに水に沈めておく必要はありません。


* 普段のお手入れは、中性洗剤・柔らかいスポンジで洗った後、表面の水分を拭き取って食器棚にしまってください。


* 卵の黄身に含まれている硫黄分と、銀が反応して黒く変色してしまうため 卵を使った料理はなるべく避けてください。


中性洗剤 ○ 金属製のタワシ× 電子レンジ × 漂白剤 × 食洗器 × 卵料理 ×

*********************************************************************************

その他何かございましたら、買っていただいたお店か

右記アドレスまでご連絡ください → toukiya@jc5.so-net.ne.jp

どうぞよろしくお願いいたします(>人<)


community : 学問・文化・芸術 : 陶芸
銀彩の器の取扱い | comment 0 | trackback 0 Top ↑

Comment

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。