| Main | All |
迎春の器、どうにか間に合わせたくて、急いで制作中です。
新宿伊勢丹での、追加の迎春の展示の器を制作中です。。

どうにか来年へ繋げたい作りたいものを、間に合わせたくて
急ぎつつ、失敗しないように、焦っています。。( ▽|||)サー



市松柄にしたい素地の板皿や、酒器の片口・小さなチョコと
今回の展示用に新しく作った石膏型たち。

ロクロでは無理な変形の器を作りたいときは
タタラという技法で、柔らかい粘土の板を、石膏型に被せて仕上げていきます。

IMG_20161215_000016.jpg

小さな鳥の箸置きも、ダルマの開眼のように思いを込めて
一つ一つ丁寧に 筆で描いていきます。

DSC_0859.jpg

上の画像は絵付け完成の様子。

左は青い花の染付の鳥。右は釉薬をかけて本焼後に、銀彩の花模様を描く予定です。


何だか工房で、一人で焦っていて、でもどうにか 間に合わせたい、、

プロなら、締切前にサクサク仕事を終わらせるべきなのですが
どうにもまだまだ・・・(T□T)

またブログにて制作や展示のことなど、お知らせします。
引き続きどうぞよろしくお願いいたしますヽ(´Д`;ヽ≡/;´Д`)/




community : 学問・文化・芸術 : 陶芸
イベント・展示 | comment 0 | trackback 0 Top ↑

Comment

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |