| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
お茶会と母の着物。
母が長い間、茶道をたしなんでいるので

少し教えてもらったり、自然とお菓子や抹茶やお道具が身近にあったりしています。


先日、地元の戸定邸の敷地内の松雲亭・お茶会に

お道具やさんから招待券をいただけたとかで

私も 母の着物を借りて参加させてもらいました♪

14910535124.jpg


戸定邸(とじょうてい)は、水戸藩最後(11代)の藩主徳川昭武が

千葉県東葛飾郡松戸駅(現:松戸市松戸)に造った別邸で、国の重要文化財。

(Wikipedia)

松雲亭は市民の憩いの場として、昭和53年に戸定邸隣接地に建設されたお茶室で

茶会、句会等の芸術文化活動で利用する方に貸し出ししております。

(戸定歴史館HP)


DSC_0152.jpg

残念ながら、その日は雨。。

写真撮影も禁止だったようで、こちらも残念。。(´-`)




了入さんの小ぶりの黒楽茶碗、金蒔絵黒漆の炉縁、紫交趾の皆具、

螺鈿や織部や漆の蓋付きの菓子器、名残りの羊のお茶碗などなど

久々に良いお道具が見れて、良かったかな。

今の季節の柚子の香りのお饅頭もおいしかった!


1447255113186.jpg

いつもステキな着物の知り合いの方に報告したら

「焼き物の為にも、自由にやる選択もあり

また、いろいろ知ってからの道もあり、、ですね

って、お返事いただいて

そうそう何か最近は、色々知ってみたい気持ちが出てきたような・・??


お茶室で、母に何度も声が大きいと叱られながらも

正座も何とかのりきり (笑)

来年から、絵付けのお茶道具類も色々始めたいと思っているので

楽しく勉強させてもらいました


お母さん、一日ありがとう<(_ _*)><(_ _*)>



community : ライフ : 最近の出来事。。
ある日のこと | comment 0 | trackback 0 Top ↑

Comment

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。