| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
京都の料亭の器の写しの仕事。

先日、何とか無事納められた京都の料亭の器屋さんから

「こんなの出来ますか?」って見本を届けてもらいました!


昔から私の中で、京都のプロの人たちが使っている料理の器が 一番っ!てとこがあって

鉄粉とか、呉須の色とか、雰囲気とかのめっちゃ厳しいけど

仕事が終わるとやっぱりそれだけ腕が上がるので、ついつい「勉強だ」って浮かれてますo(^o^)o


一流の場所や人に憧れるけど、今 作れているリアルな器はまだまだなので

もっと出かけたりとか自分で色々してみないとなぁ

P1040045.jpg

今回は古染付写し向付を写します☆

見本 届けてもらって 何か技術的な問題が色々気になるけどまずはやってみないとなぁ




community : 学問・文化・芸術 : 陶芸
作陶 | comment 0 | trackback 0 Top ↑

Comment

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。