| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
バターケースの絵付けの方法。
銀座三越8F・リミックススタイルで常設で置いていただいている

染付雪輪バターケースの絵付けの方法をアップいたします(^○^)

It is parmanent tableware in Ginza Mitsukoshi.

“Sometsuke Yukiwa Butter case”

I introduce the method of the picture charge account.

P1030723.jpg

見本・素焼きの素地・トレーシングペーパー・コンパスなどを用意して、

素地に絵付け用の目安となる印(アタリ)をつけていきます。

I prepare for the picture charge account in reference to a sample.

P1030760.jpg

次にアタリの上から青く発色する呉須絵具と細い筆で、一つずつ雪輪模様を描いていきます。

I draw it with paint and a brush one by one.

P1030766.jpg

描きおわったら、透明に焼き上がる釉薬を 色々な種類の釉がけ道具を使ってかけます。

I wear glaze.

P1030771.jpg

釉がけ後、キレイに焼き上がるよう少し表面を修正してから 窯の中へ。。

1230℃・22hかけて焼くと、出来上がり!

I bake it by a high temperature kiln for a long time and am completed.

バターケース

絵付けに 時間はかかりますが、染付は一番好きな技法なので 達成感がありますO(≧▽≦)O

お近くいらしてましたら、是非手にとってみてください☆

When I was able to make good tableware, I am very grad.

Looking forward to meeting you :-)!


P1020844.jpg



community : 学問・文化・芸術 : 陶芸
作陶 | comment 0 | trackback 0 Top ↑

Comment

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。